日本医療の優れた特徴と国民健康

国民健康と医療はよく繋がっています。日本の医療にはさまざまな優れた特徴があります。このページではその一部をご紹介しています。
低侵襲医療
日本では、身体への負担をできる限り減らして検査・治療を行う低侵襲医療がさまざまな分野で普及しています。シアリス検査・治療には体への侵襲度が低い医療機器を用いるため、身体への負担軽減と、早期健康回復が期待できます。がんの重粒子線治療は日本が世界に先駆けて実運用に成功した技術であり、国際的にも高い関心が寄せられています。
再生医療
日本では、失われた臓器や組織を再建する再生医療の分野において、自己細胞シート(患者自身の細胞をシート状に培養したもの)を用いた心不全治療や角膜移植など、さまざまな臨床研究が進められています。
チーム医療
日本の多くの医療機関では、医師だけではなく看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士などの各専門職がお互いに連携し、医療ケアを最適化することを目指 しています。日本の優れた医療は、こうしたチーム医療によっても支えられているのです。
高いホスピタリティレビトラ
患者様の気持ちを第一に考える高いホスピタリティも日本の医療を支える大きな柱の一つです。「おもてなし」の心は医療現場でも生かされています。
納得の価格水準
「日本での治療費=高額」と思われている外国人患者様は多くいらっしゃいますが、日本での治療にかかる費用は他国に比べて決して高いものではありま せん。日本で治療を受けて満足され、その後の定期検査や再診もわざわざ日本で行う患者様も多くいらっしゃいます。
こんなに優れた医療特徴を持つため、日本国民健康をさらに保障されます。

Copyright© 2012-2013 日本全薬工業株式会社|動物用医薬品のゼノアック All Rights Reserved.