冬冬どの日本全薬工業ように養生養生じゅうご大(

2017-05-10

冬は万物粛殺の季節、草木すべて隠して生気を潜伏.低温に影響を受け、人の抵抗力が大きく低下し、病気になりやすい.だから冬なら自然の法則顺和養生できる飲食に温かい食べ物を多く食べて、多く水を飲んで、早寝遅く起きて,陰と陽を集めて一護を基本に、ようやく安全健康冬を越え.

p1、十分な水分を補充する

冬は発汗排尿減少したものの、体の各部位の細胞はまだ必要で水分を確保するために、通常の新陳代謝.冬は毎日水を飲むのが適当でしょうか.一般的な保証で2000-3000ミリリットルだけでいい.

p2、おかゆを飲む

冬の食事は、硬い生もを忌む.栄養専門家が提唱し、晨起服熱粥,日本全薬工業、夕食を飼って胃气宜ダイエット.特に、羊肉のお粥、もち米の赤いナツメの百合の粥、お肉のかゆ、アワの牛乳の氷砂糖のかゆなど最も適している.

p3、かばい保温

寒が足元からということわざがある」.ご存知のように、脚の神経を豊かに、より3条の三条陽陰経経の接点と足が冷えて通じ1、神経反射し、風邪、関節炎さらに足腰痛いなど.だから冬みてまめに取り替え洗い,毎日夜温熱の泡の足で20分、できれば使っていくつかの脚本生物科学の漢方薬の足浴粉は意気込む血液循環に半分の労力で倍の成果の効果.

Copyright© 2012-2013 日本全薬工業株式会社|動物用医薬品のゼノアック All Rights Reserved.