冬休み日記:皿洗い中学日記

2016-03-11

夏休みの日記:食器洗い

私は冬休みの一日に、母は私に食器を洗いました.昼ご飯は終わったばかりだ、早く飯碗を片付けて、皿洗いを準備して.

私は皿洗い皿洗い私もたくさん洗ったことがある、しかしいつもなまじなまじて、堅持しないで、私は思って:私はすでに大きい子になって、しっかり家事をするべきです.私たち家族全員ご飯を食べ、お母さんは茶碗を準備して、私はすぐに茶碗を奪い取って、今日の茶碗は私は洗濯して、私は、私は、私は、今日の碗の中に洗う準備をしています.お母さんは私に会って私はこんなに物心がついて、また茶碗を洗いたくて、碗を私にあげて、あなたは洗って来なさい.私はとても喜んで、お母さんの帰る家に休み、自分で食器を洗いました.私は先に碗の中にいくつか水を入れて、碗の中の物は水泡につけさせて.しばらくしてから、私は水を倒れて、お碗を始めました.私は先に手で洗ったのですが、半分、手は油です.これはどうすればいいでしょうか.私は、皿洗いの布を使っていないことを思い出した.私は急いで急いで洗剤を取りに行きます、私は注意深く水で、足元が滑って、もう少しで転ぶことができました.幸いに私は反応するのはまずまずに反応して、手の上で、私のお尻はすぐに祟るしました!私は慎重に箪笥の前に歩いて、洗剤の精を持ち、また池の辺で私の碗をこするようにして.今回は私は碗の布を取り、適量の洗剤を入れて、碗の上に拭きました.私はこするととてもよく、中、外、下はすべて拭いて.私は洗剤の精の作用の大きさを見ることを見て.おかしいです、油油はすべて“走り”に会って、私は喜んで食器を洗いながら、小曲を口ずさんて、臓は1つずつ洗ってきれいになりました.私はまた匂いは洗剤の味になって、やっと安心して.碗を持ってきて、ちゃんと食器棚に置いて.完成する!」私は喜んで道を叫ぶ.お母さんが聞けて、私を見て碗を刷こんなにきれいで、まだ誇張しまして、私を食べたように蜜のように、心の中で見かけた!

労働終わりました、たくさんの碗の中で僕を映し会心の笑影――それ笑影にはっきりと1種の得意で、1種の誇り、一種の欣労働の成果も喜び;映ったお母さんの楽しい笑顔――その笑顔は私の満足と賛美.

今日は本当に楽しかったですね!

Copyright© 2012-2013 日本全薬工業株式会社|動物用医薬品のゼノアック All Rights Reserved.