妊娠期糖尿病妊娠糖尿病の日本全薬工業飲食の原則

2016-09-21

妊娠糖尿病患者の飲食はコントロールの目的:提供母体と胎児を十分なカロリーや栄養素を母体と胎児を適切に体重が増え、理想的な血糖を制御して,妊娠中毒症予防や流産と早産減少,難産の発生.

妊娠糖尿病の妊婦の栄養需要と正常妊婦と同じに、もっと注意して熱量の摂取、栄養の素の分配の割合と食事の度の割り当てることに注意しなければなりません.また、デザートや高油食の摂取を避け、食物繊維を増やしても増加しましょ.

1、カロリー需要

に気をつけて

妊娠初期に特別の増加、カロリーで、後期に孕前なければならないのに必要な熱量、増加して300キロカロリー/日.体重を軽減させるかもしれないため母体内のケトン体が増え、胎児に影響が出るため、妊娠中は減量するべきでありません.

には二、注意して食事に分配する

を分配するは血糖値を維持するために、ケトン体の発生を避け、食回の分配は非常に重要です.一度は大量の食物から食事に血糖は急速に上昇して、しかも母体空腹のがあまりに長い時、ケトン体を生みやすいので、少量で多い食事を提案し、毎日摂取するべきな食べ物に分かれてのご~ろく食.特にディナーと隔日の朝食の時間が長い間,日本全薬工業、長い間、寝る前にお菓子を補充して.

Copyright© 2012-2013 日本全薬工業株式会社|動物用医薬品のゼノアック All Rights Reserved.